ブログ

第27回日本乳癌学会学術総会@東京

Oralの採択率が10%以下とアメリカ並みに選考が厳しいこの学会で、今年は下記演題が厳選口演に選ばれ発表してきました。

『乳癌術後続発性上肢リンパ浮腫に対する早期診断・早期治療の意義〜乳癌治療中・治療後のQOLを守るために』

乳腺センターの先生方と協力することで、これまでよりも早くリンパ浮腫のスクリーニングや予防、治療ができるようになったことを実感しています。小さな積み重ねですが、今後もがん術後のQOL維持・向上のためのシステムづくりに注力していきたいと思います。

I had talk about the importance of early diagnosis & treatment for breast cancer-related upper limb lymphedema at the 27th annual meeting of the Japanese Breast Cancer Society in Tokyo.
(Selected Oral Session/ Jul 11-13)

The attendees were incomparably more than plastic surgery meetings…

PAGE TOP